サスティナビリティ方針 05

志を同じくするパートナーと共に
イノベーションを⽣み出します

地域・日本・世界の人とのパートナーシップを構築し、 持続可能な社会を目指しイノベーションを生み出します。 和歌山県・白浜町など地域社会と連携し、
地方創生に貢献します。
社会環境にプラスをもたらす持続可能な調達を叶えるため、 事業パートナーとの協力関係を構築します。 生命、動物そして自然の大切さを伝え、
未来のSmileを創っていくため、教育機関と連携します。 

顔認証サービス
「IoTおもてなしサービス実証」

NECグループが南紀白浜で取り組む「IoTおもてなしサービス実証」にアドベンチャーワールドも2019年4月より参加。事前に顔情報やクレジットカード情報を登録することで、パークの入園時に顔認証専用ゲートを利用いただき、ファスト入園とキャッシュレス決済を実現しています。地域全体で取り組むことでゲストの利便性向上と地方創生への貢献が期待されています。

近畿大学との遺伝資源保存
技術開発プロジェクト

2017年に近畿大学(大阪府東大阪市)と展示・希少動物の繁殖のための共同研究をはじめとする産学連携に関する協定を締結しました。近畿大学生物理工学部および近畿大学先端技術総合研究所では、遺伝資源の保存技術開発に取り組まれており、主に鯨類(イルカ・クジラ)と、キングペンギンの人工授精につながる精子凍結保存方法の共同開発を進めています。2020年には国内で2例目となるキングペンギンの人工授精に成功いたしました。

パンダくろしおサスティナブル
Smileトレイン 

JR西日本様と共同で、2020年7月よりSDGsをテーマにしたラッピング列車「パンダくろしお サスティナブルSmileトレイン」の運行を開始しました。ご乗車いただくゲスト、地域の皆様とのパートナーシップを築き、サスティナビリティ(=持続可能性)に取り組むことで、人、動物、自然、すべての生命のSmile(=しあわせ)が溢れる豊かな社会を目指すことをコンセプトにデザインをしています。

アドベンチャーワールド サスティナブルSmileトレイン

SmileVRコンソーシアム

2018年にVRテクノロジーで社会課題の解決を目指す株式会社ジョリーグッド様とSmileVRコンソーシアムを発足。社会的ハンディキャプを持った方たちへ外出体験を提供するコンテンツ・サービス開発を進めています。今後は教育プログラムの開発など、VRと動物たちのコラボレーションを通じて、誰一人取り残さない社会の実現を目指して活動していきます。

スマイルVRコンソーシアム

パンダ施設の
IoTプロジェクト

飼育業務の安全性強化と効率化を目的にジャイアントパンダ飼育施設「PANDA LOVE(パンダラブ)」のバックヤードへの電子錠システムを2020年に導入。このシステムは西日本電信電話株式会社(NTT西日本)、三菱電機システムサービス、オイヒナーとの協力で設置しました。