社会の取り組み

Report

動物の生命を未来に贈り継ぐために

ジャイアントパンダ日中共同繁育研究

ジャイアントパンダ日中共同繁育研究

1994年、ジャイアントパンダの自然繁殖のために、中国成都ジャイアントパンダ繁育研究基地と、ブリーディングローン制度を利用したジャイアントパンダの共同研究がスタート。
「永明(えいめい)」「蓉浜(ようひん)」の来日後、2000年に「梅梅(めいめい)」が来園して「良浜(らうひん)」が誕生し、その後、2018年までに合計16頭のジャイアントパンダの繁殖・育成に成功。健康に育成し、その内の11頭が繁殖のため中国へ旅立っています。

現在では世界中に40頭を超えるアドベンチャーワールドのパンダファミリーが活躍しています。

 

sample

プロジェクトチームの想い

ジャイアントパンダ飼育の最終目的は「野生復帰」です。アドベンチャーワールドはこの目的の中の一部分である「飼育」「繁殖」を担っています。

目の前のパンダを幸せな環境で飼育し、母親の愛情を十分に受けたパンダを世に送り出すことで、永年にわたり種が継続され、ジャイアントパンダの明るい未来が実現されると考えます。